ようこそ私たちのAPP

ホームページ » 政治・安全 » 政府見解 » 本文

米軍が中国に強硬姿勢?国防部がコメント

2017-05-26  ソース:APD NEWS 【リストに戻る】

国防部の任国強報道官は25日の記者会見で米艦の南中国海進入、軍事費、南中国海の飛行禁止区域など注目を集めている問題についてコメントした。

米国の軍艦・軍機がこのほど、東中国海・南中国海などで近接偵察を行っている。記者からは、米国軍の中国への強硬姿勢かという質問があった。任報道官は「中国軍は両国首脳の重要な共通認識の実行を断固貫徹し、米国側と建設的にリスクをコントロールし、食い違いを適切に処理し、両軍の相互信頼を絶えず促進する。両軍各クラスの交流を維持し、各種対話枠組みの力を発揮し、2大相互信頼枠組みを活用し、絶えず改善する。新たな情勢を迎える両軍関係が、より大きな進歩を実現するよう促す」と話した。

任報道官はまた「米国の軍艦・軍機が頻繁に中国に近接偵察活動を行っているが、これは中米の海・空の安全問題の根源だ。我々は米国側に関連偵察活動を停止し、本件の再発を回避するよう求める」と表明した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2017年5月26日

キーワード:

関連して読む