ようこそ私たちのAPP

ホームページ » 政治・安全 » 政府見解 » 本文

外交部報道官 中米経済貿易協議について

2018-05-04  ソース:APD NEWS 【リストに戻る】

外交部(外務省)の華春瑩報道官は2日の定例記者会見で、中米経済・貿易協議に関する質問に「米側が中米経済・貿易関係の安定的大局の維持という誠意を持って訪れるのでさえあれば、双方の協議は建設的なものになる」と表明した。


華報道官は「中国側は米大統領特使であるムニューシン財務長官が米側代表団を率いて5月3日から4日にかけて訪中することを歓迎する。劉鶴国務院副総理が関心を共有する中米の経済・貿易問題について米側代表団と意見交換する」と述べた。


今回の協議に対する中国側の期待や突破口を開く可能性について、華報道官は「中米経済・貿易関係の問題に対する中国側の考えを、われわれはすでに繰り返し表明している。世界第2のエコノミーと最大のエコノミーである中米が経済・貿易関係における問題を平等な協議を通じて適切に解決し、中米経済・貿易関係の安定的大局を維持することは、間違いなく中米両国の共通利益にかない、世界経済の安定と成長にもプラスだ」と指摘。


「中米経済の規模及び関係の複雑さを考えると、1回の協議で全ての問題の解決を期待するのは、余り現実的でないだろう。だが、米側が中米経済・貿易関係の安定的大局の維持という誠意を持って訪れるのでさえあれば、相互尊重、平等な協議、互恵・ウィンウィンの姿勢で訪れるのでさえあれば、双方の協議は建設的なものになる」と述べた。(編集NA)


「人民網日本語版」2018年5月4日

キーワード:

関連して読む